yokoshima

横島剛のブログ

ECOな家、ZEHをおすすめします。

ZEHはゼロエネルギーハウスの略。

ネットゼロエネルギーハウスとは、電気消費量が計算上でゼロになる家造りです。

それは、新築でもリフォームでも可能です。

ネットゼロを実現するためには、全体の断熱性能を高めて電力消費を抑え、屋根に太陽光発電を搭載します。

日本のエネルギー事情を考えると良い考え方ですし、国からの補助金事業も公募されているので、ネットゼロエネルギーハウス支援事業に参加しています。

省エネ性能と創エネ性能を搭載して、ご自宅のエネルギー消費量を実質ゼロにすることで、ZEHの助成金申請が可能になります。

暮らしのスタジオがお薦めしている家造りは、家族が健康でいられる総天然木の家。天然木の家でありながら、全館冷暖房がエアコンたったの1台で可能な高性能な省エネ住宅です。

弊社のご提案している天然木の家は、そもそも省エネ住宅。

ソーラーパネルを採用することで、ほぼZEH申請可能な性能になりますから、対象となりそうなお施主様にはお薦めしています。

弊社の目標は、平成32年度末迄に、請負棟数全体の50%をネットゼロにすること。施工事例や実績をHPに掲載してまいります。

以下、弊社の目標を公表いたします。

 

二宮町で新築そっくりにリフォームします。

解体工事が始まります。

傷をつけたくない部分は養生します。

壁を解体しています。

断熱材が汚れているので、取り換えることにします。

リフォームは見えない部分の計画は立てられないので、解体中に追加となる部分がかなり多くなります。

段取り良く、床が解体されます。

浴室の解体は、2日間かかりそうです。

小田原で空き家のリフォーム。

天井のビニルクロスを珪藻土クロスに張り替えて、照明器具をLEDに取り換えました。

照明器具は埃のたからないダウンライトを選び、充分な明るさを確保できるように計算された配置と個数を取付します。

小田原で無垢床材をリフォーム

無垢の床材に補修不可能な黒いシミ汚れです。

補修屋さんも、黒く汚れた木目を茶色い木目には直せないとの事でした。

思い切って表面を削り、直すことにします。

無垢は張り替えずに綺麗に直せるところが非常に良いのです。

削った後に、自然塗料を塗布したところ、今まで以上に天然木の風合いが。

木目が美しい、天然木らしい床になりました。

マンションも自然素材リフォームで癒し空間になります。

完成が間近となっています。

バスルームの色柄はインテリアコーディネーターのセレクトです。

洗面化粧台は私がセレクトしました。

トイレの手洗・モザイクタイルはインテリアコーディネーターがデザインしました。

キッチンの造作カウンターにもモザイクタイルを貼りました。

現在製作中のダイニングテーブルとタイルの色はマッチすると思います。

完成が楽しみです。

本日は、ハウスクリーニング業者が入りました。

天然木でマンションリフォーム。

ウッドデッキ側にはカーテンを設置します。

インテリアコーディネーターのセレクトはカラシ色。

珪藻土と天然木に合いそうな色合いです。

マンションも自然素材で癒し空間に。

電気工事が完了します。

ペンダントライトにはこだわってデザインしました。

仕上がりが楽しみです。

食器棚も外側は赤松材で、内部は桐で造りました。

内部には照明が付きます。

和風な障子が入れば、食器棚の完成です。

マンションの浴室をリフォームしました。

オーナーのご希望で、浴室は最大限広くしたいとの事でした。

なので、間取りを変更しまして、タカラスタンダードのオーダーサイズで浴室をリフォームしました。

かなり広くなっています。

自然素材の家に合う「アート」を飾ります。

玄関入って正面の壁には、書道家が実際に書いた文字のアートを飾ります。

5種類を壁に合わせ、インテリアコーディネーター達と相談したところ、右下に決定しました。

天然木で棚を造作しました。

TVやパソコンを設置するカウンターや書棚を造作しました。

ウッドデッキも完成です。

本日は、天然木の建具をつり込み、木工事が完了します。

自然素材でマンションリフォーム中です。

システムキッチンを設置しました。

手前の造作カウンターの裏には炊飯器・電子レンジなど設置して、丸見えにならないように設計しています。

外側にはダイニングテーブルに合わせた色柄のタイルを貼りました。

天然木でマンションをリフォームしています。

天然木の造作で、ここに食器棚を製作中です。

食器棚の扉を障子で製作することになり、デザインを検討しました。

3通りの案を考えて、左の丸柄を入れて製作することにしました。

天然木で癒し空間を造ります。

押し入れの中は、全て桐を張りました。

湿気がこもりやすい収納の中に桐材を使うと、カビの発生を防止してくれます。

棚材も桐を使いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左奥側の棚3段は布団置場です。

湿気のこもりやすい収納は桐で造ります。

内装工事が完了していますので、壁には養生をしています。

分電盤は収納の中に納めて、目立たないようにしました。

収納の中は、全て桐で仕上げる予定です。

 

大工の造作家具工事が始まりました。

大工さんの床・壁・天井が完了しました。

キッチンのフロアユニットは、既製品ではなく、大工の造作で骨組みをつくっています。

フロアユニットの他に、今月末ま壁面収納の造作家具工事が続きます。

納戸として使う洋間は、傷の付きにくい材料でリフォームしています。

本日中にはビニルクロス工事が完了しそうです。

天然木でダイニングテーブルを作成します。

天然木でリフォーム中のマンションですが、ダイニングテーブルと椅子をどのようにするのか?悩んでおりました。

そこで、箱根の銘木屋さんを覘きに行ったのですが・・・・・・・・

木目の美しさとこの板のダイナミックさで、銘木屋さんのお薦めの樟のこの板に一目惚れしてしまいました。

この板を加工して、ダイニングテーブルを作成します。どんな仕上がりを見せてくれるのか。とても楽しみです。

自然素材・天然木の家にアートを!

玄関に飾るアートの候補ですが、5種類が選ばれました。

人それぞれに好みはあると思いますが、

リフォーム完成後に、それぞれを合わせてみて、良い物に決定したいと思います。

自然素材でマンションリフォーム中

玄関を入り、正面の壁にはアートを飾ります。

大工の床・壁・天井の工事は間もなく完了して、この後は造り付け家具工事とウッドデッキ工事が始まります。

今月末までは大工工事が続きます。

工期短縮のため同時進行で、クロス職人も下地処理を始めました。

珪藻土クロスを張り始める予定です。

マンションの床に無垢フローリングを!

本日より、無垢のフローリングを張り始めました。

このマンションの床には、3種類の無垢フローリングを、部屋の使い方によって使いわけます。

自然素材と天然木でリフォームしています。

マンションの内装をリフォームしています。

毎日コツコツと大工が仕事を進めています。

着工から3週目で、床・壁・天井などを張り、リフォーム後の間取りの様子がわかるようになりました。