築60年の古民家をリフォームしました。

解体完了して、土台・大引きの修正をしています。

床の高さに合わせて、大引きを設置します。

柱が不足しているので、追加します。

真壁の柱はひのき。表面をカンナ仕上げします。

表面を削ることで、ヒノキの香りが充満しています。

ヒノキの柱です。

耐震金物で必要な補強の上、耐力壁を作ります。

電気の配線も同時進行します。

大引きの上に根太を敷きます。

根太間には高性能な断熱材を充てんします。

念のため、結露防止のために防湿フィルムを敷きこみます。

合板を敷いて、床下地が完成します。

 

関連記事

  1. 立派な梁

    「我が家」へ旅するという考え方

  2. 小田原で無垢フローリングを塗装

  3. 玄関ドアの交換に伴い、外壁をリフォームしました。

  4. ゼロエネルギー住宅で家づくり

  5. 二宮町で天然木を贅沢に使いリフォームします。

  6. 基礎補強工事しています。