二宮町で天然木を贅沢に使いリフォームします。

床は根太を残して解体しました。

古い断熱材も撤去して、高性能な断熱材を入れます。

隙間なく断熱材を設置して、やむを得ない隙間には断熱材を充てんします。

断熱材の上には防湿フィルムを敷き込み、床断熱工事は完了です。

関連記事

  1. 横浜でビルメンテナンス。

  2. 天然木の平屋、見学会は大盛況でした。

  3. 構造見学会を開催しています。

  4. 基礎補強工事しています。

  5. 大引.床組の重要な構造部分です。

    築60年の古民家をリフォームしました。

  6. リフォームも見えなくなる部分が大切と感じます。