箱根を超えて「夢ハウス」の家、新築工事中です。

伊豆修善寺の現場では、外壁の工事が始まりました。

外壁材は、木目調サイディングの渋めの黒を選びました。

破風板はガルバリューム鋼板です。

軒天はサイディング材です。

換気孔のある軒天材を選びました。

屋根裏全体の換気効率を良くするためです。

室内も大工工事が進んでいます。

石膏ボードにパテを打ち、クロスを張ります。

足場が外れると、手の届かなくなる部分は、先行して工事を進めています。

関連記事

  1. 見えない部分にこそ「こだわる」

  2. 箱根・伊豆エリアで外構工事

  3. 足柄でトイレ・洗面所のリフォーム。

  4. 横浜で玄関リフォーム着工しました

  5. 「天然木の家づくり」セミナーを開催

  6. 足柄で耐震補強工事