yokoshima

横島剛のブログ

職人魂を見た

あたりは桧の強烈な香りに包まれています。

大工さんがヒノキの柱をカンナで削っています。

柱は4寸檜。

壁から柱が出っ張って見えている真壁の家です。

見せる柱なので、節の無いキレイなヒノキを使います。

大工さんは、表面をつるつるに仕上げているのです。

このように柱を使い、壁を造ります。