大磯町で増改築工事、光熱費ゼロ住宅にリフォーム

リフォーム相談会の広告を見て、ご参加いただいたご家族です。
子供の成長に合わせて、子供部屋の増築のご要望でした。

Before After

施工前と施工後の違いをご覧ください。

Overview

工事概要

施工エリア 神奈川県大磯町
工事期間 約100日間
工事費用 ¥ 16,000,000 -
ご提案 2部屋の間取り変更に必要な増築案と、増築に伴い、屋根形状の変更と10kwを超える太陽光発電を、LDKの床には、暖かくて優しい無垢のフローリングをご提案しました。
お客様の声 テキスト

Flow

施工の流れ

もともとシンプルモダンなお洒落な外観でした。

屋根は北に向いていました。

南側敷地に増築して、屋根は南向きに変更という大胆なプランでした。
この太陽に向けた屋根の上に10kwを超えたソーラーパネルが乗っています。屋根一体型のソーラーなので、雨漏りの心配もありません。
毎月5万円前後の売電をする計画です。

2階は金属製手摺と階段のシンプルデザインです。この手摺を加工して、間取り変更する事になりました。

ここにトイレと子供部屋2部屋を追加します。

洗面所も増築して広げます。

オール電化とするために、ガス給湯器はエコキュートに変更です。

リビングの吹き抜けには床を張り、1部屋増築します。

南側に約7坪程度の総2階を増築します。

外部土間を全て撤去します。

浄化槽の撤去は二人で丸一日かかります。

地盤調査をします。調査結果はNG。改良が必要になりました。

地盤改良が始まりました。

鋼管杭が打ち込まれました。

基礎工事が始まります。

鉄筋を張巡らします。

鉄筋の検査を終えて、基礎が完成しました。

本下水に接続します。

外部を終えて、先行足場が立ちました。

土台を敷きます。

建て方が始まりました。同時に屋根の形状変更を終えなければなりません。

今日中に屋根を仕上げなければ、雨が心配です。大勢の職人で屋根の解体・上棟・屋根まで仕上げる、一番活気づいた瞬間です。

屋根の防水シートを張れば、ひと安心です。

その後、金属屋根とソーラーパネルが一体となった、雨漏りしにくい施工方法で、全面が太陽光発電をするようになります。

外壁は構造用合板で、耐震工法となります。

雨水の侵入を防ぎ、湿気は排出する、外壁用防水シートが張られます。

左官部分の下地ラスなどが張られました。

外壁塗り壁が完成。塗装で仕上げます。

金属サイディングは全て張り替えとなりました。間も無く外観が完成となります。

洗面字は解体後、増築となります。

増築後はクロスを張ります。

洗面化粧台を設置して、洗面所は完成です。

オール電化とするために、ガスコンロは撤去します。

ここは、寝室・トイレ・廊下・子供部屋に間仕切ます。

既存吹き抜け部分に床下地を張りました。ここに1部屋増えます。

増築部分に新たな吹き抜けが出来ました。

床材に檜の無垢フローリングを採用しました。白い自然塗料が塗られています。

吹き抜けのクロス張りが始まりました。

鉄骨手摺を加工、取り付けました。

右側が増築部分。屋根の向きも南になっています。

金属屋根の上にソーラーパネルの2重構造は、遮熱性能も期待できそうです。

増設した2階のトイレです。パナソニックのアラウーノを採用しました。

かなり広くなった洗面所。化粧台は輸入品を採用しました。

オール電化とするため、IHに交換しています。

寝室は間仕切ってドアを取り付けています。

吹き抜けに床を張り、子供部屋に変更した増築部分です。

3枚引込戸で2つの部屋に間仕切ます。

物干し・クローゼットスペースを子供部屋に間取り変更した部分です。

引込戸で間仕切れば、ほぼ同じ広さの子供部屋2つになります。

玄関はドアの位置を変更して広げました。

既存の鉄骨手摺を上手に加工して、つなぎました。

位置を移動した吹き抜けです。

吹き抜けがあると、広くて明るいリビングになります。

給湯器はエコキュートに替わりました。

階段の向こう側が増築部分。かなり広がった印象です。

優しい檜のフローリングが、家族を包み込んでくれるようなLDKになりました。

News

住宅に関するブログやイベントの詳細など。

Works

弊社が手がけた新築やリフォームの事例です。