後悔しない!はじめてのリフォームの進め方とは?

「新築住宅を建てるために希望の土地を探しているけど、なかなかいい土地が見つからない😔

希望の土地にある中古住宅を購入してリフォームを検討してみるのもいいかも。でも何からはじめればいい?」

「家の水まわりが古くなったから、省エネも兼ねて新しいキッチン、お風呂、トイレ、洗面台にしたい!でも、どの会社を選べばいいの?値段はどのくらいかかるの?」

このように、はじめてのリフォームは分からないことや不安なことが沢山ありますよね。

そこで、今回のブログは、リフォームしたあとに後悔しないために何から進めていけばいいのか?を分かりやすくお伝えできればと思います。

 

このブログを読むことで、こちらのことが分かります☺

 ■ リフォームをするときに後悔しないために注意することがわかる

 ■ リフォーム施工例を見て具体的な内容がわかる

 ■ リフォーム箇所のだいたいの価格がわかる

 

まずは、リフォームしたあとに後悔していることで多い項目を2点挙げ、それぞれの対策案を挙げます。

 

  •  予算をオーバーした

・後からリフォームしたい場所が出てこない様に、家族全員で具体的な家の不満や改善点をリストに出しておく

・見積もりの前に建物診断ホームインスペクターに診断してもらい、リフォームが必要な箇所を確認する

(ホームインスペクターの費用相場は検査対象の物件の面積や地域によって異なります。一般的な費用相場としては、一戸建ての場合は基本調査で5万円から7万円程度、マンションの場合は基本調査で4万円から6万円程度と言われています。ただし、これはあくまで一般的な目安であり、具体的な料金は業者や地域によって異なる場合がありますので、見積もりを依頼して確認することが重要です。)

・2~3社に見積をとって価格を比較する

・契約前に見積明細をとり仕様を詰めておく

 

  •  完成したらイメージと違った

・床材やキッチントイレなどの設備はショールームなどで現物を確認する

・外壁材は、日光に当てた時の色も確認する

・すべての家族の朝起きてから寝るまでの生活動線をリストアップし、変更する間取りの動線に不備がないかを確認する

・依頼した内容の食い違いがないように、打ち合わせ内容を書面で保管する

・リフォームの施工の実例がある会社に依頼する

 

次に、暮らしのスタジオのリフォーム施工例を紹介します。

↓それぞれのリンク先をご覧ください☺

リフォーム施工事例

最後に、部位ごとの一般的なリフォーム費用の相場を紹介します。

大体どのくらいかかるかを計算し、総費用の予算を立てることができ、計画も進めやすくなります。

【水まわり】

・トイレ:10~50万円

・キッチン:50~150万円

・浴室:50~150万円

・洗面所:20~50万円

 

【内装リフォーム】

・間取り変更含む:100~300万円

・クロス、床材変更:50万円以内

・玄関:10~50万円

 

【外装リフォーム】

・屋根:100万円以内(葺き替えの場合は、100~150万円)

・外壁:150~200万円

 

【断熱リフォーム】

・1戸建て住宅:300~500万円

 

【バリアフリー】

・手摺り設置、段差解消、スロープ設置など:70~500万円

 

【中古住宅購入しリノベーション】

・リノベーションのみの価格(2~3LDK):600~1,000万円(耐震補強や断熱工事が必要な場合は、1,500~3,000万円)

 

リフォームに使える国の補助金制度も紹介します。

『住宅省エネ2024キャンペーン』 ※それぞれの予算で申込締切がありますので、公式ホームページをご確認ください。

 

後悔しないリフォームをするためには、費用や補助金、スケジュール、注意点など、様々な要素を考慮に入れた計画が欠かせません。

慎重な準備と信頼できる施工会社との連携を大切にし、理想の住まいを実現しましょう。

 

リフォームのことでお悩みがあれば、暮らしのスタジオにご相談ください。

お問合せはこちらから★このリンクをクリック

暮らしのスタジオ株式会社

〒259-0141 神奈川県足柄上郡中井町遠藤236-4

 

関連記事

  1. 伊豆・箱根で別荘建築中です。

  2. 【郷の家リフォーム】カモフラージュ

  3. 宿の様な趣

  4. いただきもの

  5. 伊豆・箱根エリアで別荘の新築をしています。

  6. 【現場】しっかりと床を養生します