staff

スタッフブログ

健康に配慮した注文住宅

小田原市、二宮町、中井町、秦野市、大磯町、平塚市、

箱根町、大井町、開成町、松田町、南足柄市で

無垢材の家を建てるなら「暮らしのスタジオ」へ!

新築・注文住宅・改築・リフォーム・リノベーション

木の家 サステナビリティな暮らし

今では聞きなれた言葉ですが

シックハウス症候群とは

新築やリフォームなどで使用される建材や家具などに

使用されるレジノール接着剤に含まれる

ホルムアルデヒド等の有害物質やハウスダスト、たばこ、

防虫剤などが原因で起こる健康被害です。

症状は様々です。

2003年にシックハウス症候群を防止するために

建築基準方が改定され

F☆☆☆☆(Fフォースター)

ホルムアルデヒド放散等級の表示と

(☆☆☆☆が最高基準、☆☆までが使用可)

24時間換気の取り付けが建築基準法上で義務かされました。

シックハウス症候群の元となるホルムアルデヒドの

有害物質の使用禁止ではなく、有害物質を使用しても、

換気すれば防げると言う考えなのでしょう。

24時間換気を取り付けるのではなく、部屋に取り込まない

環境にすれば換気システムを導入しなくても、

有害物質を吸い込むことは少なくなると思うのですが、

あらゆる日用品やハウスダストなどに含まれるため、

部屋から全ての有害物質を除去することは

難しいのでこの様な対策がされたのですね。

ホルムアルデヒドはハウスダストにも含まれる

湿気や結露から発生するカビなどがアトピーや喘息

アレルギーを引き起こす原因とされています。

自然素材を使用した住宅でホルムアルデヒドも軽減

もしくは無縁

以前の日本の住宅は隙間風が通ることで適度な換気が

行われていましたが、それでは冷暖房の機能が、発揮できず

光熱費が嵩み省エネの推進と共に高断熱、高気蜜化が

進み、また手ごろな集成材を使うことで、有害物質が

溢れ健康被害が取りだたされ、建築基準法が改定

されました。

本来日本の住宅は大半が自然素材で造られていた

壁は漆喰や珪藻土、床は無垢材。

これらの素材と現在の技を取り入れることで

健康的な住宅が実現するのではないでしょうか。

無垢の木には抗菌・防虫効果があります。

木の精油には、ダニ、カビ、細菌類の増殖を

抑える機能があり菌が増えにくく、

また、木のもつ調湿作用によって結露も防止。

ヒバ・檜・赤松などはアレルギーや喘息の原因となるダニの

増殖も抑え調湿効果でエアコンの使用が減り身体への負担が

少ないので健康的なのです。

内装材として先人の知恵を活かした珪藻土を取り入れた

クロスには、調湿や脱臭能力を持ち合わせ、

壁下のボードにはホルムアルデヒドを吸収分解するボードで

ホルムアルデヒドを除去し木の香りが続く空間が維持。

その他にも、床下には、防虫効果の高い木酢液を

土壌処理に使い、備長炭を使用し有毒ガスや悪臭を除去

します。

この様な優良な素材を使用することで健康に配慮した

住宅も実現可能に!これこそ SDGs ですよね。

ホルムアルデヒドは発がん性がある言われているので、

健康に配慮された物質の使用が標準仕様

になる対策を願いたいですね。

木の家について詳しく知りたい方は

定期的に説明会などを開催しているので

是非弊社モデルルームに本物の木を体感しに

いらしてくださいね。

◆【お気軽にお問い合わせください】

暮らしのスタジオ株式会社

TEL:0465-57-2330 FAX:0465-80-3339

〒259-0141 神奈川県足柄上郡中井町遠藤236-4

営業時間:8時30分~17時30分(水・日定休)

◆施工事例は【このリンクをクリック

新築、リフォーム、一軒家、古民家、店舗、公民館など

豊富な施工事例をご覧いただけます。

家づくりのご参考にお役立てくださいね。

◆公式Instagramは【このリンクをクリック

家づくりのヒント、施工事例を写真を用いて

分かりやすくご紹介!

弊社のこだわり