簡単で省エネな暑さ対策

お盆も過ぎましたが、まだまだ暑い日々が続きますね。

外の暑い熱気を家の中に入れないようにするためには、

一番熱が入りやすい場所に、効率的に対策を打ちましょう。

 

熱はどこから入ってくるのか?

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、一番は「窓」なんです。

一般的な木造住宅の場合、窓などの開口部からの日差しによる熱の侵入は、全体の75%と言われています。

 

窓から入る日差し除けに効果的な方法として、

「すだれ」「よしず」を取り入れることがおススメ!

吊るす、立てかけるといったシンプルな方法ですが、

窓の外側から日差しを遮ることができるので遮熱効果がとても高いとされています。

その効果は、何もないガラス窓に比べて

日差しの侵入率をおよそ21%に抑えてくれるとも。

 

洋風のお宅には、シェードやオーニングなどもありますよ(^^♪

 

ぜひ、取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 配線確認

  2. 床下点検口

  3. 構造見学会開催

  4. ランニングコストを抑えた無垢の家

  5. 【郷の家リフォーム】珪藻土クロス貼り

  6. 斜天井の大空間