staff

スタッフブログ

木の家と乾燥の関わり

小田原市、二宮町、中井町、秦野市、大磯町、平塚市、

箱根町、大井町、開成町、松田町、南足柄市で

無垢材の家を建てるなら「暮らしのスタジオ」へ!

新築・注文住宅・改築・リフォーム・リノベーション

木の家 サステナビリティな暮らし

木材乾燥の重要性とは

木は地面から吸い上げた多くの水分や樹液が含まれるため

伐採してからも水分を抜くのに時間がかかります。

乾燥させることで腐朽菌の発生を減らし、強度が増し、

反りや変形などが起こりにくくなります。

木は乾燥すると収縮や変形を起こし 乾燥が不十分な

木材を使用すると住宅に歪みが生じるので、

十分な乾燥が不可欠なのです。

十分乾燥した木材を使用することで後に収縮や変形が

起こりにくくなります。

乾燥の種類には

■天然乾燥

風通しの良い場所で自然乾燥させることです。

色や香りも良い材に仕上がりますが、

乾燥時間に半年~1年近く時間がかかります。

人工乾燥に比べると木材により含水率に差があるようです。

■人工乾燥

木材乾燥機に入れ乾燥させるため、短時間で理想の

含水率に仕上げることができます。

蒸気式、除湿式、高周波とあり、日数は1日~30日ほど。

天然乾燥に比べると香りが劣る傾向があるようです。

■未乾燥材

伐採して乾燥させずに使用するためコストが

抑えられますが乾燥が不十分のため問題も

起こりやすいです。

構造材の含水率とは

JAS規格では木材の含水率を20%以下に設定しておりますが

これは最低基準であり、理想としては含水率が15%~18%。

表面が20%でも芯の部分の含水率は30%である可能性も

あります。

含水率が高いと変形などが起こり建物に不具合が

起こります。

芯の部分の含水率20%にするには表面を15%にします。

しかし実際は15%でも変形が発生することもあるので

10%が理想的です。

内装材の含水率は

現在は高断熱、高気密、快適住環境を求めることで

エアコンを使用し、冬場は以前よりも室内の温度が高く、

空気が乾燥し木材にとっては変形などが生じる原因でも

あります。

室内平衡含水率とは

木材が収縮、変形しない平均状態を維持する含水率です。

変形などが起きないためにも含水率を8%以下が

理想的です。

乾燥方法についてそれぞれメリットデメリットありますが、

天然乾燥は昔ながらの工法でその時代に合った方法で

施工できたと思いますが、現代ですと安定した製品や

納期の関係で天然乾燥を取り入れるのは

中々難しいところでもあるようです。

木は生きた素材のため

乾燥することで変形が起こります。

乾燥と換気が行き届かないと築年数が高くなると壁内に

カビの発生、土台や柱に腐食が始まることがあります。

充分に乾燥させた木材を使用することが、

安心、安全で、くるいの無い、家づくりには

重要となります。

木の家について詳しく知りたい方は

定期的に説明会などを開催しているので

是非弊社モデルルームに本物の木を体感しに

いらしてくださいね。

◆【お気軽にお問い合わせください】

暮らしのスタジオ株式会社

TEL:0465-57-2330 FAX:0465-80-3339

〒259-0141 神奈川県足柄上郡中井町遠藤236-4

営業時間:8時30分~17時30分(水・日定休)

◆施工事例は【このリンクをクリック

新築、リフォーム、一軒家、古民家、店舗、公民館など

豊富な施工事例をご覧いただけます。

家づくりのご参考にお役立てくださいね。

◆公式Instagramは【このリンクをクリック

家づくりのヒント、施工事例を写真を用いて

分かりやすくご紹介!

弊社のこだわり