staff

スタッフブログ

ブロック塀の劣化は放置するべからず!

お家のブロック塀、傷んでいませんか?

部分リフォームするなら水回り?屋根?

意外と見落としがちなのが「ブロック塀」。

ある程度築年数が経ったお家によく見られますよね。

現在、国土交通省から安全点検のチェックポイントが示されるなど、ブロック塀の安全性が強く求められています。

塀の所有者ご自身が安全点検を行い、危険性があった場合、

近隣通行者への注意表示、補修対応をしなくてはなりません。

塀の寿命は約30年と言われていますが、色々な条件で早く劣化が進むことも。

今一度確認することをおススメします。

 

・ブロックの表面が剥がれている。

・ブロックに傾き、ひびが入っている。

・錆汁でブロックが汚れている。

・ブロック塀に鉄筋が入っていない。

 

こんな状態になっていたらまずはご相談ください。

何かあってからでは遅い、のです。

 

◆施工事例は【このリンクをクリック

新築、リフォーム、一軒家、古民家、店舗、公民館など豊富な施工事例をご覧いただけます。

家づくりのご参考にお役立てくださいね。

 

◆公式Instagramは【このリンクをクリック

家づくりのヒント、施工事例を写真を用いて分かりやすくご紹介!