箱根 こだわりの採光

昨日に引き続き、建築でよく使う言葉の解説です。

採光とは・・・読んで字のごとく光を採り入れること。

光にも太陽光と照明の灯りとがありますね。

こちらのお宅は北向きで南側や山という光の入りにくい立地。

以前は昼間でも電気を点けっぱなしという状況でした。

暗くなりがちな階段は高所窓で採光、画像以外にももう1窓、

階段も透かしパネルで少しでも明るく・・・というこだわり。

そしてお子さんたちの部屋のドア、タテに採光窓が付いてるもので、

何となく気配をお互い感じられるようになっています。

ちょっとした灯りの洩れで、安心できるものですよね。

 

関連記事

  1. 【郷の家リフォーム】カモフラージュ

  2. 覚えておきたい!蛍光灯の色が与える印象

  3. 格子は長さの差をつけた細い木を丸窓に見立てたデザインに仕上げてあります。

    格子戸で涼しく

  4. 2列型キッチン

  5. 外部カラー

  6. 【現場】サッシが入りました