設備の現調

ユニットバスやキッチンの施工前、メーカーさんが現場を見に来ます。

現場調査を略して現調、そして現調にいらっしゃる方は現調員・・・

と呼ぶのですがこれは業界用語かもしれませんね。

現調員さんは発注した設備がきちんと現場に納まるかチェック。

下地の状況などは現場監督さんと打合せ。

そして施工の職人さん達に分かりやすい位置にメモしていきます。

現場の連携プレーって、うまくできてるものです。

その他の職人さんたちも協力しあうことがたくさんありますからね。

そういうのを見てるだけでも勉強になります。

関連記事

  1. バリアフリートイレ

  2. 木の家と森林環境

  3. 藤沢ユニット

  4. 【郷の家リフォーム】玄関周りに腰壁

  5. 2部屋をLDKに。床材は北緯58°バイカル湖以北、極寒の大地ロシアのは赤松を使用。細かく目の詰まった美しい木目と黄金色で経年変化が楽しる床材です。

    素肌に心地よい家

  6. 【現場】ダイニングに床を貼っています