木の家の注文住宅を建てると決めたなら

小田原市、二宮町、中井町、秦野市、大磯町、平塚市、

箱根町、大井町、開成町、松田町、南足柄市で

無垢材の家を建てるなら「暮らしのスタジオ」へ!

新築・注文住宅・改築・リフォーム・リノベーション

木の家 サステナビリティな暮らし

木の家を建てると決めたなら木について学ぶべきかと

木は木材として加工された後も乾燥や収縮、変形します。

変形が激しい場合は家そのものに

大きく影響してしまうことがあります。

木の家を建てる時にぜひ覚えといて欲しいのが

木材の性質を熟知している職人がいる工務店などに

依頼する事です。熟知している職人が扱うことで、

変形や反りなどの少ない高品質な木材が使用できます。

木の家を建てるとなったら木の質にこそ

こだわりたいですよね。

でも何が良いのか正直迷ってしまうかと

それぞれ木材の特徴を活かし場所に合った使い方を

してこそ、木材も活かされ使われていくのでは

ないでしょうか。

 

新築やリフォームどちらでも沢山の木材から

選ぶことはできます。

国産・輸入材 木材の種類もヒバ・アカマツ・ケヤキ…

木には適材適所があり土台には耐久性の高い

ヒノキ・台湾ヒノキ・ヒバ・米ヒバ・ケヤキ・カラマツ

スギ・米スギなどですが、なかには入手が

難しい木材もあります。

国産材の中ではクリや青森ヒバがお勧めではありますが

値が張るためコスト面を考えると米ヒバが適材です。

柱は圧縮性能が必要になります。

広葉樹ですと割れなどが年月が経つと発生しやすい

傾向があるのでヒノキ・ヒバ・スギなどの針葉樹が

使用されることが多いようです。

場合によっては集成材を使うこともありますので

気になる方は担当者に確認ですね。

梁は横使いされる構造なので強度が重要になるため

木材により強度が違うので選定が重要です。

米マツが性能、価格とも優れています。

また国産スギも多く使用されていますが

ベイマツに比べると強度が弱いです。

 

木材は神社仏閣から住まいまで昔から建造物には

欠かせない素材でした。

現在でも補修しながら現役で何百年と面影や佇まいを

残しながら、私たちは当時の様子を垣間見ることができます

木造建築が何百年と建て続くと言うことは

耐震、耐久に優れ自然災害を乗り越えてるからこそ

長い間私たちの身近な素材なのですね。

修復しながら使い続けることができる木材

これこそSDGs(エスディージーズ)ですよね。

これからの時代環境にも配慮した家づくりを!

木の家について詳しく知りたい方は

定期的に説明会などを開催しているので

是非弊社モデルルームに本物の木を体感しに

いらしてくださいね。

◆【お気軽にお問い合わせください】

暮らしのスタジオ株式会社

TEL:0465-57-2330 FAX:0465-80-3339

〒259-0141 神奈川県足柄上郡中井町遠藤236-4

営業時間:8時30分~17時30分(水・日定休)

◆施工事例は【このリンクをクリック

新築、リフォーム、一軒家、古民家、店舗、公民館など

豊富な施工事例をご覧いただけます。

家づくりのご参考にお役立てくださいね。

◆公式Instagramは【このリンクをクリック

家づくりのヒント、施工事例を写真を用いて

分かりやすくご紹介!

 

関連記事

  1. 【現場】鴨居と敷居

  2. 無垢フローリング

  3. 構造見学会開催

  4. 左官材

  5. 赤松フローリング

  6. カーテンレール