秦野で古民家をフルリフォーム

「ホームページを見た」とお電話をいただき、リフォーム相談が始まりました。
築70~80年前後と思われる古民家を現代風デザインにリフォームしました。

Before After

施工前と施工後の違いをご覧ください。

Overview

工事概要

施工エリア 神奈川県秦野市
工事期間 約60日間
工事費用 ¥12,000,000 -
ご提案 築70年を超えたと思われる古民家には、立派なケヤキの大黒柱があり、無垢材だけで造られた、木質感溢れる魅力的な建物です。建具なども雰囲気があり、良い物はなるべく残す、素材そのままを活かしたリフォームをご提案しました。
お客様の声 テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

Flow

施工の流れ

築70年を超えていても、木部の腐食は雨ざらしになっていた躯体の一部だけ、木材の材質と通気性が家を長持ちさせていました。

外壁は一新します。屋根は予算の都合で「次回のリフォームで」となりました。

外壁はすべてやり直し、防水シートを張り、壁内通気層を横桟でつくります。

歴史を感じる内装です。

建具は同じものを作るとかなりの高額になります。
なので、良い物はなるべく残すことになります。

この台所は応接間になりました。
間取り変更でキッチンやトイレなどは別の場所に移動です。

なぜか「げげげの鬼太郎」を思い出すような雰囲気です。

窓はすべて交換。床は廊下など一部を残してすべて張り替えです。
屋根・壁・床には断熱材を充てんしました。

窓は雨戸を無くして防犯ガラスとしました。

今は殆ど無くなってしまった、構造材が丸見えの総天然木の本物の木の家です。
今の木造は、木造といっても、積み木のように接着剤で木を張り合わせた「集成材の家」がほとんど。
フローリングも木目調のべニアがほとんどです。
本物とは風合いも匂いも全く異なるものなので、家づくりの際には必ずチェックしてください。

もともと、南面はすべて窓でした。
なので、暗くならないように大きな窓を並べることを提案しました。

無垢の建具は撤去予定でしたが、良い物でしたので、間仕切りとして残すことになりました。

台所であったこの場所は、和室の応接間になりました。格子は良い物であったので、残してアクセントに。

応接間から玄関を望みます。玄関は展示ギャラリーとしても活用されます。この場所にはもともと玄関・廊下・洗面・浴室が有りました。

玄関から応接間を望みます。玄関ギャラリーは16畳ほどの広さ、応接は6畳です。

洗面・浴室・廊下の天井解体時に、良い形の梁が多数出てきたため、アクセントとして残すになりました。

障子をすべて外すと、約30畳もの大空間になります。壁は珪藻土でリフォームしています。

建具は無垢の良い物ばかりでしたので、手直しして使いました。障子紙にはすべてワーロン和紙を使っています。

壁には飾り窓を造り付けています。床は畳からタイルカーペットにリフォーム。事務所らしさを演出しています。

天井には無垢の杉板が使われていました。全く手を入れずとも、良い雰囲気を作っています。
建具は塗装して、アクリルワーロンを採用しました。

News

住宅に関するブログやイベントの詳細など。

Works

弊社が手がけた新築やリフォームの事例です。