【現場】防湿フィルム敷き

築70年の古民家リフォームの様子。

根太間に断熱材が入り、その上から防湿フィルムを敷きました。

防湿フィルム敷きの目的は読んで字の如く、

床下の湿気対策となり土台、大引き、根太など木部の湿気による腐り、腐朽によるシロアリの被害を防ぐため。

インスタグラムもご覧ください!

instagram→https://www.instagram.com/kurashinostudio_official

関連記事

  1. 感染防止対策取組書の掲示

  2. こどもみらい住宅支援事業

  3. 天然木の家を腐らせない工夫は?

  4. 年明け早々

  5. 間もなく相談会

  6. クロス打合せ