吹き抜けを作らず明るい室内へ

20項目以上のご提案とご要望を反映したリノベーションの施工事例から、

今回は、LDKをご紹介します。

〈Before〉 民家に囲まれ、昼間でも照明が必要なほど暗かったLDK。

〈After〉 解体中に立派な梁が出てきたため、途中で梁を活かす勾配天井に変更。

一番明るい場所(2階)へ移動し、光と風に満ちた約20畳のLDKへ生まれ変わりました。

お部屋が高く広く感じるようになり、解放感もアップ!。

構造の梁を見せることで、天井の勾配が強調される効果もあるのです。

また、一般住宅に比べ、同じ床面積でも空間の広さ(体積)は1.5倍に!

ちなみに、屋根の形によってはロフトを付けることも出来ちゃいますよ。

※LDKを2階へ移動することにより、ゴミ出しが大変になりますと説明し、

それでも家の中が明るくなるなら、とお施主様に納得いただき施工を行いました。

【個別相談随時開催中!】まずはお気軽にお電話ください。

暮らしのスタジオ株式会社

TEL:0465-57-2330

受付:8:30~17:30 定休日水曜

 

【こちらもご覧ください♪】

■インスタグラム  https://www.instagram.com/kurashinostudio_official

■施工事例     https://kurashinostudio.com/works/

関連記事

  1. 嬉しいお誘い

  2. 通し柱が腐るのは〇〇が空いていないから!

  3. 大きな窓があっても断熱できます

  4. 天井に桐板。桐は調湿効果が高く保温性に優れ、タンニン、パウロニン、セサミンという成分が含まれていてこれらが、抗菌効果のみならず、防腐・防虫効果を発揮します。調湿作用によって結露やカビも防止でき、空気をきれいに、快適に保つことが出来るのです。

    お客様の声

  5. 照明位置

  6. 箱根を超えて「囲炉裏のある別荘」建築中です。