床の間アクセント

先日、開成町の古民家を見学させていただいたとき、

床の間がすごくモダンだったのでちょっとご紹介。

DSC_1925

床の間の正面だけ、アクセントクロスで色を入れたり、

現代の新築でも部屋のポイントになる場所なんですが、

壁全体がブルーの塗り壁なのに、書院造(出窓みたいなところ)、

違い棚など伝統的な部分もあって、とってもマッチしてました。

床の間の掛け軸や壺が主張してないのも良い雰囲気でした。

 

関連記事

  1. 吹き抜けを作らず明るい室内へ

  2. 箱根を超えて新築別荘を工事中。

  3. 【事務所リフォーム】天井張り

  4. 琉球畳の経年“変化”

  5. 巾広フロア

  6. 木の家は暖かい