平屋が地震に強いって本当?!

いつ自分の住んでいる地域で地震が起こるか分からない日本列島。

家族の安全を確保できるような地震に強い家は今一番の理想の住宅です。

そんな理想の家を作りたいと思っている方におすすめなのは🏠「平屋」住宅🏠です。

1階建ての「平屋」は昔から存在する伝統的な家屋ですが、

最近はデザインにも優れ、災害にも強い住宅として子育て世代👶から老後🧓の住まいまで人気があります。

平屋は、地震に強く安心かつ安全な住まいと言われています。

その理由は、3つあげられます。

①揺れに強い:建物が低く、間取りが正方形や長方形など形がシンプル。

建物は高さがあるほど揺れやすくなる。

間取りがデコボコしていると、揺れによってその部分に力があつまり負荷がかかり、歪みなどがでて倒壊するおそれがある。

真四角に近いほど、揺れの力が分散されて柱が支えてくれる。

②2階がないので、つぶれない:2階建てに比べて、屋根だけしかないので下にかかる重さが少なくつぶれにくい。

③避難しやすい:2階があると、家族が2階にいて助けに行く、物を取りに行く、2階にいる人がおりるのに時間がかかる、など、1階建ての平屋よりも逃げるのに時間がかかるというデータがでている。

避難がおくれると二次災害などの被害がおきることもある。

地震に強い家というのは、「地盤が強い」「耐震・制振・免震」「定期的なメンテナンス」が整っていての大前提ですが、平屋は地震に強いと明言されています。

【平屋のメリット】

  • 洗濯もの洗う→干す→仕舞うが階段を上がらなくても完結する。重たい濡れた洗濯物を2階までもって上がらなくても済む。
  • ロボット掃除機で全部の部屋を掃除できる。掃除機を持って階段の上り下りをしなくても済む。
  • 子供が1階で眠ってしまっても抱っこして2階の寝室に運ばなくても済む。
  • 小さい子供が寝た後に、寝室の気配がリビングでもわかるので安心してリビングで好きなことをして過ごすことができる。
  • 小さい子供の階段での怪我がなくなる。
  • エアコン1台で家中の温度管理ができる。
  • 足の怪我をした時や老後の生活の階段の上り下りの不安がなくなる。
  • 配管や構造がシンプルなので、メンテナンス項目が少なく、高い足場を組む必要がないのでメンテナンス費用を抑えることができる。

子育て世代や老後のすまいどちらにもメリットがあり、永く住むのにとても便利な平屋です。

しかし、デメリットもあります。

【平屋のデメリット】

  • 水害や雪害に弱い。垂直避難ができない。ハザードマップの浸水場所を確認し、できるだけ高い場所を選ぶなど工夫が必要。
  • 広い土地が必要なので土地の価格と固定資産税が高くなる。
  • 基礎面積が大きくなるので建築費が2階建てよりも高くなる可能性がある。
  • 陽当たりが良く風通しの良い土地が必要。土地によっては間取りに工夫が必要。

平屋のメリット、デメリットも確認したうえで、自分たち家族が安心して暮らせる住まいを見つけてください。

「自然素材でたてる木のひらや」シリーズ

大空間・温度差ゼロ・夏も冬も快適に過ごせる家です😊🌳

健康的に暮らしたい家族が追い求め、たどりついた究極の平屋。「木のひらや」シリーズです。

「平屋」住宅が気になる方は、お気軽にお問い合わせください🏠🎶

お問合せはこちらから★このリンクをクリック

暮らしのスタジオ株式会社

〒259-0141 神奈川県足柄上郡中井町遠藤236-4

 

関連記事

  1. カビ実験~本物の部屋とニセ物の部屋~

  2. UBオプション

  3. 伊豆で別荘の新築工事、今日は大雪でした。

  4. 造作棚完成

  5. モデルハウス見学はここを見るべし!

  6. 【新ブランドcotton1/2】100%自然素材。品質と価格に納得できる家