staff

スタッフブログ

建ててからでは確認できない構造体

小田原市、二宮町、中井町、秦野市、大磯町、箱根町、

大井町、開成町、松田町、南足柄市で

無垢材の家を建てるなら「暮らしのスタジオ」へ!

新築・注文住宅・改築・リフォーム・リノベーション

木の家 サステナブルな暮らし

構造躯体とは建ててからでは確認できない骨組み

内装や外観はイメージしやすいですが

構造躯体は建物の基礎、

土台、柱、床、壁、梁、筋交い 小屋組みなど

建物を支え耐震や耐久性を担う箇所です。

内装材や外装材を施してしまうと確認が難しい

場所になります。

弊社で採用している構造体

■土台…家を支える重要な部分

土台には年輪の細かさや抗菌作用が不可欠。

年輪は堅く締まっていることで、家全体の荷重を

支えることができます。

また、床下は湿気が多くなる場所なので殺菌効果の高い

ヒバなどを採用することでヒバの成分ヒノキチオールが

シロアリや害虫から家を守ります。

■床…地震の揺れは床や壁でしっかり支えることが重要。

剛床工法を取り入れています。

床下構造は一般在来工法の3.7倍の強度です。

一般的な床下構造は、大引とよばれる太い材料の上に

根太という4.5cm×5.1cmの細い材料を釘で止めてあります。

これに対し剛床工法は、9.7cm角の大引だけを使用して

ほぞとほぞ穴を組み合わせた工法です。

床の強度が壁面に伝わり、家全体で地震に耐える構造です。

■柱…土台から軒下まで2階建て以上の建物に使われる

柱は通し柱、 そのフロアのみの柱は管柱。

建物のを支える重要な柱になります。

家の構造に影響を与えない柱は間柱といいます。

すぎ、ひのきはどんな傾斜地でも真っ直ぐ天に向かって

伸びるので荷重を支える柱材として有効です。

また、よく乾燥させることで、本来の強度に比べ

2倍以上の効果を発揮します。

■壁…耐力壁は地震や風などから建物を守る重要な役割を

しています。非耐力壁はデザイン性や防火対策などの

ために取り入れた壁です。

地震に強い壁倍率は3.3倍。在来工法の点で支える

筋交いと比べ面で支えるパネル工法は強さが3.3倍。

これにより、開口部を大きくすることで大空間の

家づくりが可能に。

■筋交い…柱と柱の間を対角線上につないで耐震補強する

部材。

■梁…梁材は強度が重要。

梁は横使いされる構造材。高い曲げ性能が求められる

甲種構造材。屋根や床を支える重要な部材。

主にたわみに強いベイマツを採用。

■小屋組み…屋根を支える重要な骨組み。

家を長持ちさせる通気工法

躯体を常に空気にさらすことで、菌が発生する温度

20度以上、湿度70%以上の条件をつくらない熱、湿気を

溜め込まない工法。

■床下換気…丸型換気孔は従来工法に比較すると4倍の

床下換気を可能。

風が多く通ることで床下に湿気がこもるのを防ぎ、

木材を長持ちさせます。

■壁内通気…壁の内部に通気層を確保し、通気性を

高めることで結露を防ぎ湿気による躯体の劣化を

抑えます。基礎上からのぼった空気は、壁、屋根を

経由し棟から排気されるので空気がよどまないので

耐久性も維持できるのです。

■軒裏換気…軒裏の有孔板などから空気を入れて

壁内通気と一緒に棟へと運ぶ通気。

■棟換気…壁内、軒裏の空気を外部に出すための通気。

構造も重要ですが、換気することで建物を長く保ち

耐久性能を維持することができます。

気になる方は、ご近所の建設中の構造躯体、

建物の壁などを遠目から見比べてみてください。

一般的な在来工法で使われる筋交いでは点で支えるのに

対し、軸組パネル工法では面で支えるので、

耐震、耐久 に優れています。

家を建てる前に後悔しない家づくりのためには、

仕組みや構造の知識をしっかり入れておくことが

大切ですね。

木の家の注文住宅やリノベーションをご検討の方は

是非弊社モデルルームに本物の木を体感しに

いらしてくださいね。

定期的に説明会などを開催しております。

◆【お気軽にお問い合わせください】

暮らしのスタジオ株式会社

TEL:0465-57-2330 FAX:0465-80-3339

〒259-0141 神奈川県足柄上郡中井町遠藤236-4

営業時間:8時30分~17時30分(水・日定休)

◆施工事例は【このリンクをクリック

新築、リフォーム、一軒家、古民家、店舗、公民館など

豊富な施工事例をご覧いただけます。

家づくりのご参考にお役立てくださいね。

◆公式Instagramは【このリンクをクリック

家づくりのヒント、施工事例を写真を用いて

分かりやすくご紹介!

弊社のこだわり