staff

スタッフブログ

【木のひらや】大空間の省エネ住宅のヒミツ!

木のひらやの小屋裏にはどんな秘密があるの?早速ご紹介していきます。

外観はこんな感じ。コンパクトなのかと思いきや、

室内に入ると外観からは想像できないほどの大空間が広がります!

木のひらやと言えば、斜天井の広々空間が印象的ですよね。

ここは二階ではなく小屋裏ですが、部屋のように使うこともできます。

空間を仕切る壁はありませんが、家具を用いて空間をスペース毎に区切るようにしてお使いいただけます!

 

それもそのはず。

一般住宅(天井高は2.4mとします)に比べ、床面積は同じでも空間の広さ(体積)は、なんと1.5倍!

木のひらやは小屋裏(ロフト)仕様の二階建て。屋根裏の空間をなくした勾配天井が特徴です!

ロフトスペースといえばハシゴで上がるイメージがありますよね。

木のひらやでは、小屋裏部屋として使いやすいように階段で上がる仕様なのです。

 

屋根裏がないと夏暑いのでは?と思いますよね。

夏の放射熱を96%反射する、高性能の遮熱シートを使った一体型の屋根パネルを取り入れているので、

夏場の外からの気熱を抑え、冬場の内からの気熱の放散を防ぐのです!

これが、夏は涼しく冬は暖かい省エネ住宅のヒミツなんです。

このたった一台のエアコンが室内を快適な温度に保ってくれます。

実験データがありますのでまた後日紹介しますね(^^)

 

◆施工事例は【このリンクをクリック

新築、リフォーム、一軒家、古民家、店舗、公民館など豊富な施工事例をご覧いただけます。

家づくりのご参考にお役立てくださいね。

 

◆公式Instagramは【このリンクをクリック

家づくりのヒント、施工事例を写真を用いて分かりやすくご紹介!