開放感と使いやすさを兼ね備えた『1.5階建て』とは?

ここ数年、将来のことを考えてワンフロアで生活が完結する『平屋』の人気が高まっています。

最近、『平屋』に新しい魅了をプラスした『1.5階建て』というキーワードも増えてきています。

このブログを読むことで、以下のことが分かります🏠

  • 1.5階建てとは、どんな住宅なの?
  • 1.5階建てのメリット・デメリットは?

このブログは以下のお悩みをお持ちの方におススメです😊

  • 2階建てと平屋のどちらかで迷っている方
  • 2階建ての2階は将来使わなくなるだろうな…と感じている方
  • ワンフロアで家事動線が完結する平屋にしたいが、部屋数や収納が足りないと心配に思っている方

まず、「1.5階建て」とは、「平屋に、最小限の2階部分をプラスした2階建て住宅」のことです。

平屋にロフトをプラスした場合、ロフト部分は天井高1.4m以内という制限がありますが、最小限の2階部分をプラスした1.5階建ては高さの制限がないため、居室として快適に使える空間になります。

1.5階建ては、平屋の悩みと2階建ての悩みを解決できる魅力があります。

<平屋の悩み>

  • 部屋数や収納を増やすと土地面積が大きくなるので、建設費用が高くなる
  • プライベート空間の確保が難しい

<2階建ての悩み>

  • 延べ床面積が大きくなり、建築費用が高くなる
  • 子供が巣立ったら、2階の子供部屋を使わなくなる
  • 総2階建てほどの部屋数や広さはいらない

<1.5階建てのメリット>

☆2階部分は、最小限の面積の将来使わなくなる子供部屋などにすることが大切です。✨

  1. 必要最小限の面積の2階をプラスするので、建築面積と費用を抑えることができる
  2. 家族の成長やライフスタイルに合わせて、2階の部屋で子供のプライベートを確保できる
  3. 1階部分に、水まわり、リビング、主寝室などの生活空間をおくことで、子供が独立したあとは、ワンフロアで生活することができる
  4. 片流れの屋根にすると、屋根部分が広くなり、太陽光パネルの積載量を大きくすることができる
  5. 2階部分を最小限にするため、2階部分がない箇所は吹き抜けにすることができ、天井が高い解放感のある空間をつくることができる

<1.5階建てのデメリット>

☆基本的に平屋と同様のデメリットになります。

  1. 一般的に基礎、屋根が大きいため、建築費用が割高になる可能性がある
  2. 1階がメインスペースのため防犯上の心配がある
  3. 採光・通風・耐震などに配慮の必要がある

『1.5階建て』は、1階は快適な平屋の暮らし、2階はゆるく1階と繋がったプライバシーが確保された子供部屋、子供が巣立った後は収納や趣味の部屋、などライフスタイルによって変化できる、自由な住まいの可能性を広げる建物です🏠

暮らしのスタジオでは、1.5階建てのプランがございますので、気になった方は、お気軽にお問い合わせください😊

お問合せはこちらから★このリンクをクリック

暮らしのスタジオ株式会社

〒259-0141 神奈川県足柄上郡中井町遠藤236-4

関連記事

  1. 植物との相性

    箱根現場の盆栽

  2. 外部カラー

  3. 桐の収納

  4. 床塗装中

  5. 大磯 内装

  6. 無垢材の床の気になるところ