秦野で外壁を断熱リフォーム

「ホームページを見た」とお電話をいただき、壁が今にも脱落しそうでしたので、緊急対応からリフォーム相談が始まりました。
脱落してしまった外壁の復旧工事を行いました。
ものすごいひび割れで驚いたのですが、断熱材の代わりに藁を積み、その上に左官塗をしたようです。

Before After

施工前と施工後の違いをご覧ください。

Overview

工事概要

施工エリア 神奈川県秦野市
工事期間 約30日間
工事費用 ¥ 1,800,000 -
ご提案 すぐにでも来そうな台風を目前にして、壁を飛ばされないように、緊急養生する事を提案しました。藁の断熱性能にはかないませんが、有害物質を出さない高性能な断熱材「アクア」を提案。室内の窓から見えていた断熱材の藁を、アクセントとして残すことを提案しました。断熱材の藁を撤去した後の、壁内の空間を利用して、物入れを提案しました。
お客様の声 テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

Flow

施工の流れ

一番大きな亀裂の部分です。割れ目から藁が見えています。

勝手口の土間には、新築の際に余って、大切に保管していたタイルを張ることになりました。

室内の窓には、壁の中にある断熱材の藁が見えています。超自然素材の家の象徴的部分です。

台風で壁を飛ばされないように、ブルーシートで養生しました。

足場掛けが始まりました。

壁の漆喰を解体撤去、中に入っていた藁はダンプ5台分ありました。

藁を撤去すると、壁の中は空洞です。柱がありませんでした。

基礎アンカー、基礎パッキン、土台、柱の順番で組み上げています。

断熱材の藁を撤去したので、有害物質を出さない水性の防水材を吹き付けました。

防水シートで一次防水層を造ります。

左官壁の下地になるラス板を張ります。

もう一度防水シートを張り、ラス網を張りました。

1回目のモルタル、下塗りを塗り始めています。

2回目のモルタル、中塗りが完成しました。

漆喰を塗れば、外壁の完成です

室内から見えていた藁が撤去されて、外が見えています。

勝手口のタイルを張ります。

物置の引き戸を取り付けました。

写真では解りにくいのですが、真っ白な漆喰の壁になりました。

勝手口土間にタイルを張りました。

壁内空間を利用した物置が出来ました。

断熱材としてわらを使っていた、その思い出を窓の中に残しました。

News

住宅に関するブログやイベントの詳細など。

Works

弊社が手がけた新築やリフォームの事例です。