総天然木の注文建築、いよいよ上棟します。

ユニック車での搬入が出来ないため、レッカー車が敷地内に入り、構造材の受け取りをしています。

昨日の、古い電柱撤去工事は完了していました。

大工が土台を敷き、基礎の廻りはヒバの香りが漂っています。

レッカーの運転手さんが「木の香りがすごい、こんな現場は滅多に無い」と、感動していました。

基礎の外では、同時に足場を組んでいます。

土台の隙間に分厚い断熱材を詰め込みます。

断熱性能が高いだけではなく、人が歩いても決して割れない頑丈な断熱材です。

 

断熱材を敷き込み後、合板を張ります。

 

足場も完成しています。

明日はいよいよ、棟上げいたします。

 

関連記事

  1. 珪藻土の壁

  2. 中郡大磯町で注文住宅を建てる時に知っておきたい暮らしの情報

  3. 設備は最新

  4. 憧れの縁側、実は〇〇が発生する!?

  5. 格子は長さの差をつけた細い木を丸窓に見立てたデザインに仕上げてあります。

    格子戸で涼しく

  6. お正月