子育て世帯を応援する【フラット35】子育てプラス(仮称)が新登場!

住宅金融支援機構は、2023年11月2日に閣議決定された「デフレ完全脱却のための総合経済対策」における少子化対策の推進施策の一環として、

子どもの人数に応じて金利を引き下げる「【フラット35】子育てプラス」(仮称)を開始予定だと発表しました。

▲注意*この制度拡充は、令和5年度補正予算の成立を前提としたものです。

子育て世代の良質な住宅取得を、金利負担を軽減することでサポートします。

申込年度の4月1日時点で、18歳未満の子どもがいる世帯または夫婦のいずれかが40歳未満の世帯が対象です。

▶全国一律で子どもの人数等に応じて金利を引き下げる。

▶金利引下げ幅は、従来の最大年マイナス0.5%から、最大年マイナス1%に拡充する。

▶他の金利引下げメニューとの併用も可能。

詳しくは、↓住宅金融支援機構のホームページでご確認下さい。
https://www.flat35.com/topics/topics_20231110.html

関連記事

  1. 2023年-2024年 年末年始休業のお知らせ

  2. 夏季休暇のお知らせ

  3. 保証サービス「地震建替え保証」を開始しました

  4. 秦野市で住まいのリフォーム・リノベーションをお考えの方へ【暮らしのスタジオ】

  5. ホームページをリニューアル公開いたしました

  6. 謹賀新年