yokoshima

横島剛のブログ

ハーレーダビッドソンのガレッジハウスが上棟しました。

地盤調査により、改良が必要と判断され

地盤改良工事は鋼管杭で行います。

次に基礎工事。配筋検査はパスしました。

1度目は底板のコンクリート打設

2回目の立ち上がり打設して基礎完成します。

土台を敷きます。

土台はシロアリが食わないヒバ。

目が詰まり固い素材が、最も土台に向いている素材です。

先行足場を組みます。

柱を建てます。

柱間にパネルをハメ込みます。

パネルをはめると、柱の両サイドに間柱2本と柱間中央に間柱1本の形本の柱が立ち、見た目にも強そうな壁になります。

パネル裏側には断熱材が張られています。

2階の床組みと梁桁を設置します。

床組みには、一般の大引きよりもひと廻り太い材が通常の倍の数入ります。

見るからに強そうな床組みは、1,2階とも共通です。

2階の柱を建てて

パネルをはめます。

梁桁・登り梁を設置し

屋根パネルを設置します。

屋根パネル下に見えている空洞は通気層となり、外壁の通気層とつながる構造です。

通気層の中には、熱反射板が入っていて、太陽からの熱を96%反射します。

冬暖かい高断熱の家は増えてきましたが、夏涼しい家はまだまだ少ないと思います。

断熱+熱反射が想像以上の居心地の良い住環境をつくります。

屋根パネルを設置すると、室内天井は赤松で仕上がっています。

斜天井のLDKは、室内にいながらアウトドアのような開放感があります。

屋根パネル設置後は速やかに防水シートで養生します。

上棟後は、ご予約制で構造見学会を行いました。

「とても勉強になった」とご好評頂けたので、7月中には「第2回構造見学会」を開催します。

ご予約のお電話・メールをお待ちしております。

「ブログを見た」とお電話ください。

弊社のこだわり